タマ子と愉快な仲間たち

《第3話》メダカ飼育に必要な物は?タマ子、初期アイテムについて学ぶ。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
メダカとミジンコを愛でている、ちょっと変わった人間。食べ物の好き嫌いはありません。トイレ掃除が好き。☆小部屋の主はタマ子ですが、小さ過ぎてPCもスマホも使えません。よって里山が代理で記事を作成しています。(笑)
マサナリ
な~にがメダカを飼うミジンコだ?!アホかっ!お前は俺の腹の足し。以上っ!!
タマ子
うぅぅ……。
まんまさん
はっはっはっ!
タマ子
うをい!だからソコ、笑うとこなんですかぁ?!
まんまさん
まぁ、マサナリ君待ちたまえ。こう考えたらどうだい?単なるエサから一歩進んで、彼女が君の使用人、いや使用ミジンコになると。
タマ子
はぃぃぃ?
マサナリ
使用人?
まんまさん
そう。これから彼女は君たちメダカのことを学び、身の回りの世話をしてくれるミジンコになるんだ。腹を満たすのは一瞬だが、活かしておけば君たちの水槽を常に快適にしてくれる存在になる。
マサナリ
ほぉ……。悪くねぇなぁ。
タマ子
えええ~~!飼うってそういうコト?活餌から奴隷になるだけじゃんっ!!
まんまさん
さぁ、タマ子さん。彼らの生活に必要な物を揃え、一所懸命お世話しようじゃありませんか。

 

 

メダカの飼育道具

まんまさん
ここでは飼育初期に最低限必要と思う道具の説明して行きます。

前回も言いましたが、メダカ飼育はとてもシンプルです。初期段階で準備する物もそう多くはありません。

 

メダカの飼育に必要な物は、金魚や熱帯魚と比べて少量です。低コストで、しかも簡単に揃えられる物ばかりなので、すぐに準備が出来ます。

バケツなどの飼育容器

水が溜められる容器を準備しましょう。大きさは、メダカ1匹につき、1リットルが目安とされています。深さは15センチもあれば十分です。(※飼育規模による)

よく使われている容器は、水槽、プラケース、睡蓮鉢、バケツ、衣装ケース、トロ舟、発泡スチロールなどです。どれも100均やホームセンターで入手が出来ます。

ガラス水槽や陶器で出来た鉢などは、長期間に渡り使用が可能です。プラ素材や発泡スチロールで出来たものは経年劣化により耐性が悪くなるので、1~2年くらいで交換するつもりで使用しましょう。

最初は入手が容易なバケツやプラケース、発泡スチロールあたりがオススメです。

水温計

水温は目に見えない部分ですが、メダカたちの生活に大きく関わる要素です。何かあった時、すぐに水温が測れる様に最低1つは準備しておきます。

メダカの移動などに使用する網です。

メダカ用の網の方が使い勝手は良いですが、別に金魚用でも構いません。最初はあまりお金をかけず、入手が簡単なものを選べば良いと思います。

プラケース

メイン容器では無く、移動用や隔離用のサブアイテムとして、1つ準備しておくと便利です。

エサ

メダカたちのご飯の準備もお忘れなく。一番最初は市販のもので十分です。

タマ子
これだけで良いんですか?
まんまさん
最初はコレくらいで十分です。飼育慣れしていない初期段階から沢山買い揃えても、使わず無駄にしてしまうことが多いからね。

 

ポンプの設置

金魚や熱帯魚の水槽には必ずと言って良い程、ブクブク(ポンプ)が使用されています。メダカの場合は飼育状況によって異なります。

少数の飼育を楽しんでいる内は、ブクブクは入れなくても大丈夫です。飼育数が多いようでしたら、ブクブクを入れてあげた方がメダカは快適に過ごすことが出来ます。

メダカにブクブクは必要ないは誤り

「ブクブク無しでも生きられる」ことは、イコール「ブクブクは必要ない」ではありません。

メダカはブクブク無しでも飼育出来ますが、これは「ブクブクがあった方がより快適に過ごせるけれど、無くても耐えられる丈夫さがあるよ」ということです。10リットル程のバケツに5~6匹を泳がせている内は良いですが、数が増えたらブクブクを入れる、容器をわけるなどして飼育環境を見直します。

必要がないのは水流

メダカは流れに逆らって泳ぐ習性があります。飼育容器内に強い水流が起きていると、それに逆らうように泳ぎます。ずっとこの状態が続けば、やがてメダカは疲労し、弱ってしまいます。

ブクブクを入れる時は弱めの設定にし、強い水流が出来ないようにしてあげます。

ブクブクの仕組み

泡が直接水の中に酸素を送っているのではありません。泡が水面を揺らすことにより、水面から酸素が供給される仕組みになっています。

ガス交換が行われているのは水面なのです。

まんまさん
最初から「ブクブク無しでも良い」と思い込んで全く使用しないのと、「必要に応じて入れてあげるもの」と知って使い分けているかは違います。

メダカのことを考えるのであれば、時にブクブクも必要なんだと覚えておいて下さい。

 

マサナリ
おうっ!わかったのか?!このタマ。
タマ子
たっ、タマッ?
マサナリ
俺の快適生活を守れなかった時は、お前のこと食っちまうからな!!

 

まんまさん
はっはっはっ!……と、すまないが私はそろそろ仕事に行くよ。ミツキ君、後は任せた。
ミツキ
……は?
まんまさん
タマ子さんすら一流のブリーダーに育てられないようなら、宇宙メダカになる夢は諦めたまえ。
ミツキ
はいぃ~~っ!?
天音
ほんま、無茶苦茶なヒトやなぁ……。

 

 

ミツキ、タマ子のせいでとばっちり!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
メダカとミジンコを愛でている、ちょっと変わった人間。食べ物の好き嫌いはありません。トイレ掃除が好き。☆小部屋の主はタマ子ですが、小さ過ぎてPCもスマホも使えません。よって里山が代理で記事を作成しています。(笑)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 里山の小部屋 , 2018 All Rights Reserved.