タマ子と愉快な仲間たち

《第2話》メダカはいつから飼ったら良いの?タマ子、メダカの生活を学ぶ。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
メダカとミジンコを愛でている、ちょっと変わった人間。食べ物の好き嫌いはありません。トイレ掃除が好き。☆小部屋の主はタマ子ですが、小さ過ぎてPCもスマホも使えません。よって里山が代理で記事を作成しています。(笑)
まんまさん
さて、台風も行ったことだし勉強の続きをしよう。(次の台風がもう来てるけど……。)
タマ子
う~ん……。あの、よくわからないんですが、メダカたちのことを勉強することが、どう現状の突破口になるのでしょうか?いくらメダカたちのことを理解しても、無駄なんじゃ……。
まんまさん
そんなことはありませんよ。メダカのことを知れば、彼らを飼い慣らすことが可能になります。

 

まんまさん
貴女は世界初!メダカ飼育をするタマミジンコになるのです!!
タマ子
わっ……私が、メダカを……飼うっ!?
ミツキ
……。まんまさんって頭の構造どうなってるんだろう。相変わらずぶっ飛んでるなぁ。
天音
えらいヒトに捕まってしもたなぁ。タマ子はんには同情しますわ。気張りよし!

メダカの生活と環境

まんまさん
金魚や熱帯魚と比べ、メダカの飼育はとてもシンプルです。極端な話、バケツなどの水を張れる容器さえあれば、メダカ飼育は開始出来ます。

ただ、彼らが好む環境であったり、四季を通じどんな生活をしているのかは、最低限知っておく必要があります。

 

メダカ飼育はバケツ1つで開始することが可能です。ただ、飼育開始時の「水」「季節」には十分気をつけて下さい。

メダカは夏に最も活性が上がり、冬は(広義の意味での)冬眠をします。生きるのに適した水質は、弱酸性から中性が良いと言われています。

 

水の状態

水で注意するのは「水温」「ph」です。細かく見ていけば他にもあるのですが、飼育初期は何がなんだかわからない状態です。先ずは水温とphを抑えましょう。

飼育水のph

phに関しては、水道水を使用する場合は特に問題はありません。水道水のph基準値は5.8(弱酸性)~8.6(弱アルカリ性)になるように定められており、平均して中性にあるからです。

井戸水や雨水を使用する場合は、検査紙を用いて調べた方が良いです。井戸水(地下水)は地域や深度によりphが違いますし、近年の雨水はphの低い酸性化した状態が続いています。

カルキ抜きをしよう

水道水を使用する場合は、汲んでから丸1日程放置してカルキを抜いておきます。市販のカルキ抜きを使っても良いですが、汲み置き水にはあるメリットがあります。

それは、放置している間に水温が落ち着くこと。気温に合った水温に自然と調整されます。

普段測ることが無いので気付きませんが、水道水は都度で温度が違います。温かったり冷たかったりします。あまりにも熱い(冷たい)水は使用出来ません。

手元には水温計を

メダカが活動出来る温度域は約0℃~30℃です。(見る資料によって温度が異なりますが、概ねこの温度域では生きています。)

0℃~10℃くらいの温度域では、メダカはあまり活動をしません。温度が下がれば下がる程、物陰に隠れてじっとしていることが多くなります。

15℃付近では、メダカがすいすいと泳ぐ姿が見られます。20℃を超えるようになるとますます活性が上がり、エサをバクバクと食べるようになります。

30℃付近になってもメダカは活動可能ですが、容量の小さな水槽で、ポンプも作動させていない状態だと死んでしまうことがあります。

簡単にまとめると……

・0℃~7℃ …… あまり動きたがらない。エサも食べずじっとしている。怯え易い。

・8℃~14℃ …… 泳ぐ姿が見られるが、そこまでエサも食べず活発ではない。

・15℃~28℃ …… 元気一杯!エサも良く食べ、日照の条件さえ合えば繁殖行動を行う。

・30℃付近 …… 活動出来る範囲であるが、場合によっては弱って死ぬ。

 

平均して、26℃前後がメダカたちが過ごすのに適した、初心者でも管理がし易い温度と言えます。

まんまさん
生きていられる限界の温度域と、活動がし易い温度域は違います。ヒトも0℃~30℃の間で活動出来ますが、0℃や30℃は全く過ごし易く無いでしょう?

生活するのに快適な温度があることは、メダカもヒトも同じなのです。

 

飼育に適した季節

春になるとメダカの活性は上がり、夏には活動のピークを迎えます。繁殖行動が行われるのもこの時で、四季の中で一番メダカが元気な時です。

初めての飼育は5月~6月がオススメです。メダカの移動もスムーズに行えますし、繁殖にも挑戦出来ます。先ずは自然に逆らわずに飼育し、メダカに慣れましょう。

他にもあるよ、オススメ理由

売り出されるメダカの品種が豊富!一年で最もメダカ屋さんが忙しい時です。

また、この頃には各地の愛好家たちによる夏の品評会も行われるので、お目当てのメダカを目にするチャンスも増えます。会場に出掛ければ、ベテラン飼育者から直でアドバイスも貰えます。優良店の情報も得られるかも知れません。

タマ子
う~……。覚えること、一杯ですね。はぁ……。
まんまさん
最初はそう思うかも知れないが、慣れれば何てことは無いことばかりだよ。詳しいことは都度調べれば良いし、全てを覚えなくても良いんだ。

 

マサナリ
そう、お前は覚える必要なんて無いんだぜ!!

タマ子
!!!
マサナリ
さっさと俺に食われちまえっ!
タマ子
ぎゃぁぁぁぁっ!出たーっ!!

 

 

タマ子、無事逃げ切ってメダカ飼育なるか?!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
メダカとミジンコを愛でている、ちょっと変わった人間。食べ物の好き嫌いはありません。トイレ掃除が好き。☆小部屋の主はタマ子ですが、小さ過ぎてPCもスマホも使えません。よって里山が代理で記事を作成しています。(笑)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 里山の小部屋 , 2018 All Rights Reserved.