タマ子と愉快な仲間たち

登場キャラ

 

主な登場生物

明るく愉快な小部屋の住人たち。

タマ子

シングルマザーで子沢山なタマミジンコ。既に玄孫までいるとか何とか。

メダカに食われるだけのミジンコ生ではなく、メダカを飼うことを夢見て只今メダカ勉強に奮闘中……なのだが、青幹之の政成にしょっちゅう邪魔されて前に進んでいない。

タマミジンコの身でありながら、優しくカッコいい三色ラメの三輝に恋をしている。

自称「永遠の17歳」で、この小部屋の管理者である。

政成(マサナリ)

両親を始め、兄弟親族皆フルボディの家系に生まれた唯一のスーパー光の青幹之メダカ。それが政成である。

不憫に思った両親は彼を溺愛したが、それに嫉妬した兄弟たちにいじめらることに……。結果、立派なひねくれ者に育ちましたとさ。

ことあるごとにタマ子に八つ当たりしては、タマ子ファミリーをやけ食いしている。

三輝(ミツキ)

三つの輝きと言う名の通り、眉目秀麗、頭脳明晰、運動神経抜群というハイスペックな成長を遂げた三色ラメメダカ。おまけに性格も温厚ときている。

たいそうモテるが、言い寄って来るメスたちには一切興味ナシ。あまりのモテっぷりに政成に一方的に妬まれ、ライバル視されている。

そんな三輝の将来の夢は宇宙メダカになること!日々精進あるのみ。

菜食主義のため、唯一タマ子を襲わないメダカでもある。

天音(アマネ)

怪しげな京都弁を話す妖艶でおっとりした黒幹之メダカ。ぷっくらとした体型に立派な生殖隆起を持ち、オスのハートをがっちり掴んでいる。

だが、しかし。彼女の狙いは三輝ただ一匹。

タマ子の恋心を知っており、表面では平生を装っていても、内心は激しい嫉妬の炎を燃やしている。

まんまさん

謎多き、さすらいのメダカ職人まんまさん。

メダカについて熟知しており、タマ子に対してアドバイスをすることもしばしば。しかし神出鬼没なため、会いたい時に会えるとは限らないレアキャラでもある。

彼は何があっても冷静で、表情を変えない。

 

その他の愉快な仲間たち

ブログに登場するかは謎だが、タマ子の周りにはいつも面白おかしい仲間たちが一杯!

小皿GUY

いつもハァハァしてるタマ子のストーカー。容姿がキモイという理由だけで嫌われているが、実は水槽の中を綺麗にしている影の功労者である。

バナップ

バナナプラントの妖精。たまに体表からコケを生やしている。

ブロッコリー犬

春と秋の2回、頭からブロッコリーを生やす犬。ブロッコリーは収穫可能。超美味。

聖闘魚・星河(セインギョ・セイガ)

爆発しろ!小宇宙(コスモ)よ!!セイガは水槽を守る正義の聖闘魚なのである。

紅緒(べにお)

紅白メダカのメス、紅緒ちゃん。小さい頃から政成が好きだが、言い出せずにモジモジ。

ダフニアさん

黒豆農家。でも命の危機に瀕しないと仕事をしない。

マグナ様

社会の裏で暗躍する秘密結社「マグナ教」の教祖。マグナ教では太陽を父と崇め、大地を母とする生き方を根本とし、自然と共にあることを尊重している。

金剛

まんまさんが作ったメダカ型高速戦艦。第六駆逐隊と正規空母の導入が期待される。

エビえもん

一日中、水草をわしゃわしゃしてる不思議な集団。

 

他、仲間が増えたら随時紹介予定。

Copyright© 里山の小部屋 , 2018 All Rights Reserved.